MENU

メルトコーヒーを飲みたい!授乳中や妊娠中でもOKそれともNG?

当ページのリンクには広告が含まれています。
メルトコーヒーの注意点

メルトコーヒーを授乳中や妊娠中でも飲む事ができるのか調べてみました。

結論からお伝えするとメルトコーヒーは授乳中や妊娠中の場合はNGです。

なぜNGなのか詳細を記事にしてみました!

目次

メルトコーヒーを授乳中や妊娠中に飲む事ができない理由

メルトコーヒーの注意事項

メルトコーヒーの公式サイトから抜粋した注意事項になります。

こちらに「妊産婦、授乳婦を対象に開発された商品ではありません。」と表記されているからです。

メルトコーヒーの作用と授乳中や妊娠中に影響する効果とは?

  • サラシノールが糖の吸収を抑える効果があるため

授乳中や妊娠中は栄養のバランスと適度な運動をすることがもっとも大切となります。

コーヒーを飲む事がNGではありません。

メルトコーヒーは機能性表示食品となっていてダイエットに興味がある人向けの商品となっているからです。

妊娠中は便秘になりがち・・・メルトコーヒーで腸内環境を整えたい!

  • 食物繊維イヌリンなどが腸内環境を整える

メルトコーヒーには、腸内環境を整える成分が多く含まれています。

妊娠中の便秘が心配な方は、医師に相談し便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

メルトコーヒーを飲むときの注意点をもう一度確認してみよう!

  • 病気の診断や治療や予防を目的とした商品ではない事
  • 疾病に罹患している人は医師に相談が必要な事
  • 未成年・妊娠中・授乳中の人

メルトコーヒーには主に3つの注意点があります。

それぞれの詳細を紹介しますね。

メルトコーヒーは病気や治療目的の商品ではない事

メルトコーヒーは病気や治療ができる医薬品ではありません

毎日続ける事によって食後に上昇する糖をコントロールする機能性食品です。

罹患している方はメルトコーヒーを飲む前に医師に相談をする事

メルトコーヒーを飲む前に医師に相談する事を注意書きで明記しています。

体に変化を感じないと思っていても服用している薬とメルトコーヒーとの相性が合わない場合もあります。

投薬されている効果が半減し治療の妨げになる場合もあるので必ず相談することをおすすめします。

メルトコーヒーを未成年に飲ませる事

メルトコーヒーは健康にうれしい11種のビタミンも含まれています。

体に良いとされている成分を多く含んでいても未成年が飲む事はNGです。

子供が誤って飲まないように気を付けましょう。

メルトコーヒーを授乳中や妊娠中が飲めない理由のまとめ

メルトコーヒーと授乳中や妊娠中についてまとめると、メルトコーヒーの摂取を控えることが推奨されています。

妊娠中または授乳中の方への推奨事項としては、栄養バランスの取れた食事と適度な運動の実施が重要です。

妊婦や授乳中の方は、自身の健康と赤ちゃんの健康を考慮し、メルトコーヒーの摂取は控えるようにしましょう。

また、罹患されている方も同様に一度医師に相談をする事を推奨しています。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次